読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

敏感肌にも嬉しいてぬぐい素材のブラとショーツ「てぬぐインナー発売」

f:id:huwa0529:20150824200046j:plain

ななふんとの違いが気になる

株式会社ワコールの子会社、株式会社ウンナナクールから、「てぬぐインナー」が

2015年7月16日より発売されるそうです。


 今回の企画は、「ウンナナクール」の企業精神である"下着と女の子の関係を良くする"ことをテーマに、まずは20代前半の女の子のニーズを調査し、商品開発に着手。"ワイヤーの締め付けが苦しい""サイズが合っているか不安"などのブラジャーへの悩みにお応えし、前中心部分でリボンを結ぶことで着用感の調節を可能にしました。また、ニーズが高かった"肌あたりのやさしいインナー"を実現するため、綿100%で天然サラシ素材の"てぬぐい"に着目し、さらりとした風合いで快適な着ごこちを追及しました。さらに、"てぬぐい"が、近年若い女の子が雑貨感覚で購入することが増えているアイテムであるという背景も今回の企画に合致し、『てぬぐインナー』を立案。フリルを施すことで、女の子に支持されているフェミニンテイストを取り入れた商品に仕上げました。
 

 参照元『てぬぐインナー』限定発売 | ワコールホールディングス

 

敏感肌でもかゆくならないブラジャーをさがすのは、一苦労。

 

以前ななふんのブラの方を使用していました。肌に負担がかからなくて、気に入っていたのですが、個人的に使う機会が限られてしまった理由は、ホルターネックスタイルで紐を結ぶタイプだったことが原因でした。見えても可愛いデザインだったのですが、やはり着る服を選ばない、普通のブラのような形のものがあればな・・と思っていました。

ですが、今回のてぬぐインナーは紐を前で結ぶタイプなので、着用感の調整もしやすく、一般的なブラのような形です。

 

綿素材、紐で結ぶタイプのブラジャーは高い!を覆す価格

最近、紐で結ぶ「ふんどしタイプ」のショーツや、今回のてぬぐインナーのように綿素材で前で結ぶブラジャーがFacebookなどで、流行りはじめている印象を受けていましたが、インターネットで調べると高価なものが多いのです。

小さなお店や、個人で手作りされているようなところが多く、大量生産できないことが原因かもしれません。

今回発売される、てぬぐインナーの小売希望価格は

 

ブラジャー(ホワイト)2,500円+税

ブラジャー(ピンク) 2,600円+税

ショーツ(ホワイト) 1,500円+税

ショーツ(ピンク)  1,800円+税

 


とのことで、今まで目にした同じようなタイプのものの中では、かなりお買い得な印象を受けます。大手企業だからできる、大量生産のお陰でしょうか。

この「てぬぐインナー」がワコールの子会社のウンナナクールから発売されることによって、綿や手ぬぐい素材で、紐で結ぶタイプの下着が社会に浸透、一般化し、様々なデザインや価格のものが、手に入れやすくなるきっかけになることを願います。

 

産学連携のたまもの

産学連携プロジェクト"ときめき×未来"は、京都精華大学プロダクトデザイン学科の学生が、ワコール広報・宣伝部とウンナナクールのスタッフとともに、次世代のインナーウェアのデザインに取り組む、という内容で2011年4月から授業として実施し、2014年度の"ときめき×未来4"は4回目のプロジェクトです。
 プロジェクトでは、既成概念にとらわれない学生の自由な発想がオリジナリティあふれるデザインを創出。このたび特別賞を受賞した犬塚あかね氏の作品『てぬぐインナー』を商品化し、「ウンナナクール」ブランドより発売するに至りました。

 

 参照元京都精華大学×ワコール 産学連携、女子大生のアイデアから生まれたブラジャー『てぬぐインナー』限定発売 | ワコールホールディングス

 

女子大生のアイデアから生まれただけあって、フリルがほどこされ水着のようなデザインで、敏感肌でなくても、身に付けたくなるものです。これならば、大事なときにも着ていけます(笑)価格も若者の意見が反映されているのでは?と感じます。

 

肌に優しく、着用感も調節可能で、デザインも可愛いのにお手ごろ価格となれば唯一の心配は売り切れくらいでしょうか。

 

こちらの商品「てぬぐインナー」は、インターネットやウンナナクールの店舗などで7月16日より発売ですので、気になる方は是非チェックしてみてください。

 

購入情報や取り扱い店舗の詳細などは下記リンクをチェックしてみてください!

 

store.wacoal.jp