読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユニバのハロウィーン・ホラーナイト!新コンテンツや仮装の禁止事項を紹介

今年も『ハロウィーン・ホラーナイト』の季節になりました!毎年ワクワクしながらこの時を待っている人も多いでしょう。今年はなんと、史上最高9つのホラーコンテンツが提供されます!夜は多種多様のゾンビがパークを占拠、今までのアトラクションに加え『エイリアンvs. プレデター』、『エルム街の悪夢』、『学校の怪談』が新登場。パーク至上最高のホラーレベル10を誇る最恐アトラクション『トラウマ~最恐実験病棟~』も加わり、壮大なホラー・イベントへとパワーアップします。

 

今年初登場のホラーコンテンツを紹介

 

それでは今年新登場のホラーコンテンツとはどういうものなのでしょうか。

f:id:huwa0529:20150829073338p:plain

 

「エルム街の悪夢」 

エルム街の悪夢といえば、夢の中で人を襲う冷血な殺人鬼フレディ。いつどこから襲ってくるか全く分からないフレディのじわりと迫る恐怖を味わえます!エルム街の悪夢は、1984年に公開された映画ですが、2010年にはリメイク版が公開されています。

ハロウィンホラーナイトに行く前に予習しておくのもいいかもしれません。

 

「学校の怪談」

学校の怪談では、トイレの花子さんや口裂け女等おなじみの妖怪が登場!このアトラクションは4Dという最新の技術を駆使していますので、3D以上に恐怖体験をすることが出来るはずです。

 

「エイリアンvsプレデター

エイリアンvsプレデターも2004年に公開されたアメリカの映画です。ハリウッドが生んだ人気2大クリーチャーのエイリアンとプレデターの対決が話題となりましたね!

エイリアンたちのターゲットとなり追い込まれていく絶望を体感できるウォークスルータイプのアトラクションです。

「トラウマ~最恐実験病棟~」

こちらは今年のホラー系のイベントの中で最も精神的に恐怖を感じるアトラクションとなっているようです。

「人間はどこまでの恐怖に耐えれるのか」という実験を行っていた施設が現代によみがえり、そこで行われている数々の衝撃的な実験を目の当たりにします。

これまで知りうる恐怖の限界を超え精神的に恐怖を与える「強要型」アトラクションになっています。トラウマが起こっても了承できる人のみ参加できるアトラクションとなっており、チケット購入時に誓約書の記入をしないといけないほどだそう。どれくらいの恐怖なのか‥‥全く想像つきません!こちらは中学生以下は参加できません。

 

トラウマに関してはコチラの記事がオススメ!

 

おなじみのゾンビもパワーアップ!

突如としてパーク中を占拠する大量のストリートゾンビをはじめ、全身を血に染めた「レッド・ゾンビ」、今まで見たことないほど巨大な『ファット・ゾンビ』や、周囲にウィルスを撒き散らかすゾンビなど多種多様なゾンビが出現!パークのいたるところで起こる爆発により、ゾンビのウィルスが拡散、なんと目の前にいる人までもどんどんゾンビ化していきます。これまで見たことのないような沢山のゾンビに襲われる恐怖‥‥。

 

そして今回は、ゾンビを寄せ付ける人間の「心臓」をモチーフにした『ゾンビの大好物』も新登場。身につけると、多種多様なゾンビ達が次々に心臓めがけて襲いかかります。なんと、ゾンビが近づくにつれ、心臓の光り方に変化が生じるそう!ハロウィンホラーナイトに行く際には是非付けてみたいですね。

 

 


毎年パワーアップしている仮装!

USJのハロウィンホラーナイトを一層楽しむには、やはりご自分もメイクや仮装をしていきたいですよね。 

そんな中、仮装する際気をつけないといけない事があるようです。

 

仮装の際にUSJ側から禁止されていること 

 

1.クルーと間違われるような仮装

2.公序良俗に反したり、他者が不快感を持つような服装はNG

3.武器や危険物など、他者が誤解する可能性をもつ服装はNG

4.スタッフになりすました行為や他者に迷惑をかけた場合には退場

などいろいろあるようですね!

ハロウィンホラーナイトをめいいっぱい楽しむためにも、仮装される際はお気をつけください。

 

詳しくは公式サイトをチェックしてみてください!

 

関連記事

mochibun.hatenablog.com