読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルバーウィークおすすめの岩手の温泉を紹介!混浴の秘湯も!

緑に囲まれた趣ある大沢温泉混浴もあり)

f:id:huwa0529:20150910125647j:plain

岩手県花巻市にある、大沢温泉という温泉をご存知でしょうか。

この旅館は品格のある山水閣、宮沢賢治も宿泊した菊水館、そして自炊部という3種類の施設があります。
この3種類の施設どこか一箇所に宿泊をすれば自由に使える多種多様な温泉がオススメなんです。
なんと、全部で6つのお風呂が揃っているのです。
こんなにもたくさんのお風呂を持っている温泉は珍しい。
中でも「大沢の湯」は1番人気です。
とにかく景色がすごいと評判なんです。
緑に囲まれ、目の前を流れる河川、そこにかかる橋。

その向こうに臨む茅葺屋根の菊水館。
これらすべてがしっかりマッチングしてできた景色は絶景そのもの。
混浴ではありますが、女性限定の時間帯もあります。
また、女性限定・男性限定のお風呂もありますので、混浴に抵抗がある方には、こちらをぜひ利用してください。
菊水館には、宿泊した際に撮影された宮沢賢治の写真が飾られております。
花巻市には、宮沢賢治資料館等、ゆかりの土地なので、宮沢賢治にゆかりのある施設のひとつとして足を運んでみてください。

 

岩手の温泉・露天風呂 花巻 大沢温泉 公式ホームページ

 

見晴らし良い開放感のある藤七温泉

f:id:huwa0529:20150910131622g:plain


大沢温泉に負けず劣らずの人気を誇るのが岩手県八幡平市にある藤七温泉という温泉です。
このお風呂は、標高1400mのもの高台に位置する温泉です。
周りに建物が無いため、とにかく見晴らしが良いのです。
晴天時には岩手の富士山と呼ばれる岩手山が臨めますし、樹海も緑豊かなので、空の青と樹海の緑のコントラストが最高です。
高台に位置していますが、源泉掛け流しで湯量豊富なため、温泉への満足度も高いのです。乳白色の湯に浸かり、身も心も癒されること間違いなし。
景色の良い温泉を探しているのなら、一度は利用したいお風呂です。

 

十和田八幡平国立公園 藤七温泉「彩雲荘」 l お風呂紹介

 

あの小説の舞台となった鉛温泉 (混浴もあり)

f:id:huwa0529:20150910132558j:plain

次に紹介するのは岩手県花巻市にある鉛温泉富士三旅館です。
こちらの温泉は田宮虎彦の小説「銀心中」の舞台となっていることで有名な温泉です。
こちらで人気のお風呂は「白猿の湯」です。
珍しく立湯となっており、源泉掛け流しの湯に立って入るからこそ体の巡りを良くし、癒しへと繋がっていきます。
また、天井も高いため、開放感があり、ゆったりとお湯に浸かることができるのも人気のひとつ。
こちらは混浴になっていますが、時間帯によって女性限定の時間があります。
また鉛温泉にはその他に3種類のお風呂があり、川のせせらぎを楽しめる「桂の湯」、白糸の滝が目の前にあり自然を感じられる「白糸の湯」、そして貸切りにもできる「銀の湯」と種類が豊富。
施設もとても綺麗なため、旅行客の評判がとても良い温泉となっております。
湯巡りをして疲れを癒すのはいかがでしょうか。

 

岩手 花巻温泉郷 鉛温泉 藤三旅館 文士が愛した浪漫の湯宿

 

秘湯中の秘湯。自然に囲まれた夏油温泉(混浴あり)

f:id:huwa0529:20150910133214j:plain

岩手県北上市にある夏油温泉を紹介します。
夏油温泉が秘湯と呼ばれる理由は、夏油渓谷の大自然に囲まれているためです。
全部で7つあるお風呂ですが、全て風情ある建物、宿も風情たっぷりのため、ファンが多い人気の温泉となっています。
源泉掛け流しのため、お湯には手を加えていないので、季節によって温度が違うお風呂となるのです。
1日かけて湯巡りをする人が多いといわれます。
混浴にはなりますが、女性限定の時間帯が設けてありますので、一度調べてからお出かけください。
また、この湯にまつわる伝説、歴史を学んでから訪れるのも楽しみ方のひとつです。
鬼の伝説や発見された経緯など、歴史と自然を感じられるこの湯に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

夏油温泉(げとう温泉)オフィシャルホームページ│みちのくの秘湯│日本秘湯を守る会│

以上、岩手県で人気のある景色の良い秘湯・名湯を紹介しました。
もちろん、この4つの温泉以外にも人気のあるお風呂がありますので、ぜひ一度、秘湯巡りをしに岩手県にいらしてください。