読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪からLCCですぐ!博多の大人デートにおすすめのもつ鍋と屋台バー

東京、大阪に次ぐ大都市、博多。美味しいものも多く、以前から人気の福岡県でしたが、LCCの就航によって他府県からも気軽に行くことができるようになり、ますます賑わいを見せています。今回はそんな福岡の大人旅をご紹介しましょう。

 

福岡へはLCCが便利

旅行と言えば、朝早くから出かけるイメージがありますが、博多は夜もとっても楽しい街です。大型連休はもっと日数が必要な場所の為にとっておくとして、今回ご紹介する旅なら週末や、金曜の夜から土曜を利用して行くことだってできます。

関西からなら、尚更のことです。

関西空港からLCCで飛べば、早い時なら45分ほどの飛行時間で福岡空港に到着します。夜便でひとっ飛びすれば福岡空港は郊外ではなく、都会にとても近いので中洲、天神にもすぐに行くことができます。そのままホテルにチェックインしたら、荷物を置いて、いざ夜の街に繰り出しましょう。

 

福岡と言えばもつ鍋!炙りもつ鍋「一慶」西中洲店

f:id:huwa0529:20150910121828j:plain

 

さて、ホテルから出て福岡で食事、と言えば、色々な食べ物が連想されることかと思いますが、中でも外せないのがもつ鍋です。博多のもつ鍋はやっぱり最高です。さまざまな美味しいもつ鍋屋さんがありますが、今回は地元の人も出来れば人に教えたくない、と言っていたり一度ここのを食べると他で食べられないとも言われるほど美味しいお店、「一慶」さんです。

 

天神駅からも中洲川端駅からも歩いて7〜8分です。夜遅くまでやっていますが、曜日によって営業時間が異なります。入店前に営業時間を確かめてからどうぞ。暖簾をくぐるとお店の雰囲気は、割と落ち着いていて、なんだか隠れた名店にきたような気持ちが盛り上がり、期待も膨らみます。個室もあり、少人数でも良し、大人数でも良しです。

 

お座敷に座ってまずは博多名物、明太子を召し上がって下さい。お酒、ビールで乾杯して一切れずつ味わって頂き、あまりの美味しさにテンションは上がるばかりです。そしてメインのもつ鍋です。こちらのもつ鍋のもつは、他のところで頂くものよりなんだかあっさりしていてどんどん箸が進むのですが、その秘訣が、もつを一度炙ってある、炙りもつだからだと思います。生もありますが、断然炙りもつ鍋がおすすめです。

 

お値段もリーズナブルで、味もいくつか用意されています。しょうゆ、みそ、しお、そして黄金比かさね味なるものです。あっさり頂きたいならおすすめはしお、そして黄金比かさね味です。どれも美味しいのでお好みで選んでみて下さい。なんとも美味しいもつ鍋!心ゆくまで堪能してください。野菜も美味しくてどんどん箸が進みます。美味しいダシが出ているので、シメを頂きたくなりますが、ここは雑炊セットを最小限で頼んで味わい、分けて食べ、まだお腹は満たさないで頂きたいです。

美味しいスープとご飯のマリアージュを楽しんだら、後ろ髪引かれますが思い切ってお店を出ましょう。

tabelog.com

博多といえば、屋台!「屋台バーえびちゃん」

さて、お腹が少し満たされたら今度はお酒のお店に移動しましょう。今回は福岡を堪能できるお店をご紹介します。博多と言えば、屋台です。「屋台バーえびちゃん」というお店があります。屋台なのに、お店に一歩入るととっても雰囲気のいいBAR!蝶ネクタイをつけた素敵なお二人が迎えて下さいます。とっても人気のお店なので、なかなか入れない時もあります。お料理もお酒も、なんともおしゃれなのです。甘いものが欲しければレーズンバターがおすすめ。骨つきソーセージのグリルや餃子天はお酒がすすみます。おつまみと共に美味しいお酒を頂くもよし、デザート感覚でカクテルを飲むも良し、素敵な博多の夜を堪能してください。

tabelog.com

シメはやっぱりラーメン!「一蘭」の天然とんこつがおすすめ

さあ、福岡の夜のシメと言えばやっぱり。ラーメンです。ここまで行ってまだたべれるの?と思う方もおいででしょうが、意外といけちゃうのがもうお馴染みの「一蘭」です。一人ずつ区切られたテーブルでいただく天然とんこつラーメンは、博多の夜を素敵にしめてくれます。

いかがでしたでしょうか?
素敵に美味しい福岡の夜を是非大人なお友達と一緒にお楽しみ下さい。

 

関連記事

mochibun.hatenablog.com