読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新江ノ島水族館・ナイトアクアリウムの期間や料金は?デートにも使える?

夏も終わり、最大の混雑時期が過ぎた今オススメなのが言わずと知れた新江ノ島水族館。今、新江ノ島水族館は夜でも楽しめることを御存知でしょうか?

 

ナイトワンダーアクアリウム!期間や料金は?

f:id:huwa0529:20150924130732j:plain

 

期間 2015年7月18日(土)~12月25日(金) 17:00~20:00

※本イベントは、17:00から開催する夜間スペシャルイベントです。
※水族館の入場料金のみでお楽しみいただけます。

江ノ島水族館の入場料金

大人2,100円 高校生 1,500円

中学生・小学生1,000円  幼児(3歳以上)600円

引用元http://www.enosui.com/newsentry.php?eid=00639

 夏から始まっているナイトワンダーアクアリウム2015。夕方17時から20時までの間楽しめるイベントです。日中の入場料のまま夜の企画も楽しめます。昼間の水族館も十分楽しいのに夜も別の雰囲気を楽しめるなんて、とってもお得ですよね。

 

ナイトワンダーアクアリウムのみどころを紹介。

 

f:id:huwa0529:20150924131149j:plain

出典http://www.enosui.com/newsentry.php?eid=00639

入場してすぐに出迎えてくれるのが幻想的な雰囲気の光の球体。デートにもピッタリですが、子供達が見ても楽しそうな雰囲気。触ることもできますので喜び倍増。

 

f:id:huwa0529:20150924131509j:plain

出典http://www.enosui.com/newsentry.php?eid=00639

えのすい自慢の巨大水槽にはプロジェクタ映像が投影され、なんとも不思議な雰囲気。動く魚達とのコラボレーションです。一瞬一瞬その時間にしかない映像を作り出しています。いつまでも見ていたくなるような静かでありながら豪華な空間。

 

f:id:huwa0529:20150924131559j:plain

出典http://www.enosui.com/newsentry.php?eid=00639

えのすいで有名な海月。クラゲファンタジーホールでは3Dプロジェクションマッピングを楽しむことができます。ホール内では天井から正面左右と全ての方向で繰り出される映像に惹きこまれてしまうことでしょう。

 

f:id:huwa0529:20150924131848j:plain

出典http://www.enosui.com/newsentry.php?eid=00639

ウミガメのコーナーでは木のぬくもりを感じながら歩く歩道上から沢山のウミガメをのんびり眺めることができます。

とっても大きいウミガメ、小さいウミガメ、お好みのウミガメに出会えること間違いなしです。ウミガメの卵の模型もあり、どんな雰囲気で生まれ出てくるのかを想像する時間も素敵。それだけでも癒されるのに18時20分からはサンドアート映像まで見ることができるのです。行きたくなってしまいますよね。


お子様連れにおすすめ!お絵かき水族館

f:id:huwa0529:20150924132130j:plain

出典http://www.enosui.com/newsentry.php?eid=00639

水族館のお絵かきをしたことはあっても、自分でお絵かきした魚が水族館で泳いでいるのを見た経験はないのでは?なんとそれが目の前の大きなスクリーンで実現できるというスペースです。泳がせてみたい魚をぜひお絵かきしてみてください。

 

デートにおすすめのオーシャンバー/オーシャンカフェ

f:id:huwa0529:20150924132312j:plain

出典http://www.enosui.com/newsentry.php?eid=00639

せっかくの夜の水族館、大人の雰囲気をもっと楽しみたい方にオーシャンバー / オーシャンカフェでのカクテルがオススメ。なんと光るカクテルもあるんです。水族館内の美しさとカクテルの美しさで気分が盛り上がること間違いなしです。

 

水族館は屋内施設のため全天候に対応できることでも安心です。最大混雑の夏ではない今だからこそ自由にあちこち行き来できるのもいいですね。

 

イルカショーのスペースは風のある日の雨が少し心配ですが、屋根もついていますので服装を気を付ければ大丈夫。その日の気温や風の状況に合わせてイルカを見る時間を長くしてみたり短くしてみたり。イルカショーで思いきって水をかぶりたい人はカッパ持参で前列に座るのがオススメ。もちろん後ろの席にすれば水がかかる心配は全くありません。また、ショー以外の時間にもイルカを見ることができますので静かにイルカと対面したい人も満足できることでしょう。

 

タッチプールではヒトデやヤドカリだけでなくドチザメやネコザメも触ることができます。本物のサメ肌を実感してみてください。触った後に手を洗う水道や石鹸も用意されていますから安心してチャレンジできますよ。

 

たっぷり楽しんだ後は、豊富な商品の並んだ売店スペースが用意されています。楽しい気分とともにお土産を選ぶもの楽しみの一つですね。

 

下記リンクの新江ノ島水族館の公式サイトも是非チェックしてみてください!

www.enosui.com

 

秋の江ノ島散策もおすすめ

水族館内にもお食事・軽食スペースがありますが、近隣にもレストランが豊富なので、合わせてプランを考えるのも楽しいことでしょう。天気が良ければ江ノ島散策もいいかもしれないですね。江ノ島水族館を中心に楽しい一日のスケジュールが立てやすいことも魅力の一つです。

関連記事

mochibun.hatenablog.com