読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中期のダイエット!糖質制限・MEC食なら我慢せずに減量できます

妊娠中の食事

妊娠中期といえば、つわりが終わることが多く、ついつい体重が増えがち・・・

妊娠中は普段より食欲が増してしまう方も多いのでは?また、妊娠中はむくみがちで、太ったと思っても実は体内の水分が増えている場合も。

今回紹介させて頂く、妊娠中期にオススメのダイエット方法のメリットは、お母さんが我慢せずにできること、妊娠中のトラブル減少が期待できること、赤ちゃんの成長に必要な栄養が積極的に摂取できることです。

私の一人目妊娠時のダイエット失敗談とともに紹介させて頂きます。

目次

一人目妊娠時中期のダイエットに失敗。糖質制限に出会ったきっかけ・・

一人目を出産した病院は体重制限にとても厳しい病院でした。

 

病院に指導に従って、食事制限をしたり、運動をしたりしましたが、ほとんど効果が出ず、健診のたびに注意をされていました。

 

結局、出産まで体重は13キロ増えてしまい、陣痛促進剤を使用した、3日ががかりの難産になっていしまい、出産時には大量出血をしてしまいました。

 

 

体重の増加が難産の原因とは限りませんが、助産師さんには、次は難産にならないために体重制限を頑張ろうねと言われ、二人目のときは絶対に体重制限を頑張ろうと思いました。

 

 

不思議なことに、産後入院中は食事も好きなだけ食べ、運動もできない状況なのに、退院までに8キロ減少、退院後もダイエットは意識していないのに、1ヶ月健診の時には、妊娠前と同じ体重に戻っていました。

 

安静にしていた入院中に8キロ減って思ったことは、私の妊娠中の体重増加の原因はむくみが大きかったのではないかということでした。

 

産後に、糖質を減らすと自然と朝の顔のむくみが減っていることに気付き、それをきっかけにインターネットや書籍などで、糖質制限やMEC食について調べるようになりました。

 

糖質制限の中でも、MEC食や断糖肉食がオススメ な理由

 

糖質制限食にも、色々な方法があり、糖質をゆるやかに制限する方法や、糖質を絶ち、肉や脂質を積極的に摂取する断糖肉食や、肉・卵・チーズを食べること、ひと口30回噛むことを大切にするMEC食など、糖質をどのくらい制限するかや、糖質の代わりに何を摂取するかで、色々な呼び方があるようです。

 

私が最初に出会ったのは、断糖肉食でした。実践している方のレポートを見たり、フェイスブックのページを参考にしながら、自己流ではじめました。

 

フェイスブックで見る限り、断糖肉食とMEC食は近いか、ほぼ同じように感じました。断糖肉食を実践している方の方が、ラードやバターなど、脂質の摂取を重要だと捉えているように感じました。

 

主食のごはんを断つということに驚きましたが、元々肉や魚や卵などの動物性のタンパク質や、生クリームやバターなどの動物性の脂質が好きだったので、それらをお腹一杯食べられることが嬉しくて、炭水化物や甘いものを制限するのにそれほど苦痛を感じませんでした。

 

 

それに加え、糖質制限をはじめた翌日から、朝起きたときの顔や足のむくみが無かったり、起きたときに体が楽なのと、糖質を摂取していたときよりも、集中力などが向上し、脳や体のパフォーマンスが上がっているのが実感できたので、さらにモチベーションが上がりました。

 

何より、頂き物などで糖質を摂取すると、身体の調子が悪くなるのを感じるので、自然と糖質をとりたいと思わなくなっていきました。

 

糖質を減らし、サラダや鶏の胸肉などの低カロリーなものや、人工甘味料を使用した代替スイーツに意識を向ける、糖質制限とカロリー制限を両立させようとする方法よりも、カロリーに関しては意識せず、糖質を制限し、積極的に体に必要な栄養素を摂取していくとう考え方の、断糖肉食やMEC食の方が、妊娠中や授乳中には合っているように感じます。

 

MEC食や断糖肉食についても、色々な意見がありますし、合う方法も個人差が大きいものだと思いますので、下記のまとめサイトや、フェイスブックなどのページなどで実践されている方の声などを参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

【公式】MEC食の方法とその効果 - NAVER まとめ

食べる断食「断糖肉食」~糖を断ち肉と脂を食らう!~ - NAVER まとめ

 

フェイスブックをされている場合は下記のリンクも参考になると思います。

MEC食の提唱者でこくらクリニック院長の渡辺 信幸先生

断糖肉食のフェイスブックグループ

 

糖質や添加物の摂取を減らすことで、自分の体が何を欲しているかがわかりやすくなってくるように感じますので、ご自身の体と相談しながら、快適な方法を見つけて頂ければと思います。

二人目以降、妊娠中期のダイエットに糖質制限をした結果と感想

f:id:huwa0529:20161015192103j:plain

糖質制限で嬉しかったのは、摂取カロリーを気にしなくて良いことでした。

 

一人目のときよりも、好きなだけ食べていたのにも関わらず出産までの体重増加は7キロで、産婦人科の先生にも優秀だと言われました。

 

もちろん、炭水化物や果物などの甘いものは食べませんでしたが、くるみやアーモンドなどのナッツ類や、クリームチーズなどは時々食べられましたので、間食もでき、辛い気持ちになることはありませんでした。

 

積極的に動物性のタンパク質や、鉄分が多く含まれる食品を摂取したので、妊娠中も産後も貧血になることがなく、カロリー制限をしていた一人目妊娠時よりも、体力的に充実しており、ウォーキングなどの運動もできたので、安産につながり、体重の増加も自然と抑えられたように感じます。

 

※下記リンクの貧血に関しての記事も是非チェックしてみてください。

 

 

mochibun.hatenablog.com

 

産後の授乳時も糖質制限を続け、乳腺炎に悩むこともなく、快適に過ごすことができました。

 

糖質制限については、テレビでも取り上げられたこともあり賛否両論ありますが、妊娠中の糖質制限を強く推奨していらっしゃる産婦人科の先生もいらっしゃいますので、是非ホームページを覗いてみて下さい。

 

今回は、妊娠中期のダイエットの方法の一つして、糖質制限・MEC食を紹介させて頂きましたが、体重が気になる妊娠中の方以外にも、糖質制限・MEC食は本当にオススメです!

 

関連・人気記事

 

mochibun.hatenablog.com

 

 

mochibun.hatenablog.com

 

 

 

mochibun.hatenablog.com