読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おジャ魔女どれみの新たなグッズ「リズムタップ」のジュエリーケース

おジャ魔女どれみ♯のジュエリーケース

f:id:huwa0529:20151003144150j:plain

出典http://p-bandai.jp/item/item-1000099669/

「おジャ魔女どれみ」シリーズの第2作目にあたる「おジャ魔女どれみ♯」の変身に使われていた「リズムタップ」の形をしたジュエリーケースが発売されます。

リズムタップ型のジュエリーケースは当時発売されたリズムタップのおもちゃとほぼ同じ大きさです。

f:id:huwa0529:20151003144820j:plain

出典http://p-bandai.jp/item/item-1000099669/
上の蓋も昔のおもちゃと同じように透明で、音符が取り外せるようになっているのもおもちゃと同じです。
中にはアクセサリーや小物が入れられるようになっています。
蓋の裏には鏡もついていて大人っぽさもあります。

 

価格や予約購入方法・発送予定は?

価格3,780円(税込)※送料手数料別途

予約開始2015年9月29日(火)午前11時

お届け時期2016年2月予定

 引用元http://p-bandai.jp/item/item-1000099669/

既に予約は開始されています!

発送されるのは、なんと来年2016年の2月ですので、届くまでの期間が待ち遠しいですね。

予約購入は下記リンクのプレミアムバンダイ公式オンラインストアよりできます。

p-bandai.jp

 

 

おジャ魔女どれみ♯の変身方法


おジャ魔女どれみ全シリーズお着替え・変身まとめ - YouTube

「おジャ魔女どれみ」の変身方法は、全シリーズで全て違います。
毎年変身に使われるタップと魔女見習い服が変わるので、必然的に変身方法も変わってきます。
「おジャ魔女どれみ♯」の変身アイテム「リズムタップ」はカスタネットのようなタップでその特徴をいかした変身方法になっていました。
最初にタップを手で叩くと手袋が装着され、次に足だタップを叩くとブーツが装着されます。
次に頭上で拍手をするように数回タップを叩いて頭上に出現した見習い服をスッポリと被ります。
最後に頭にタップをコツンとぶつけて帽子を被るという流れでした。

 

次回作の変身がダンスで行われるのに対しておジャ魔女どれみ♯の変身は手短で簡単なものだったと思います。
全シリーズの中で一番楽な変身だったかもしれません。
またおジャ魔女どれみ♯には「ロイヤルパトレーヌ」という別の変身姿も出てきます。
この変身はある特殊な場面でのみすることができます。
私は「ロイヤルパトレーヌ」の変身もかっこよくて好きでした。

 

 

 

過去にプレミアムバンダイから発売されたおジャ魔女の商品

「リズムタップ ジュエリーケース」はプレミアムバンダイからの発売になります。
プレミアムバンダイからは過去にもおジャ魔女どれみの大人向けグッズを販売していました。
「おジャ魔女どれみ」シリーズ最初の「おジャ魔女どれみ」で春風どれみが使用していた「ペペルトポロン」の形をしたバックチャームは15センチほどの大きさでした。

また同じく初代の変身に使われた「見習いタップ」型のミラーも販売されました。
こちらのミラーもバックに付けられるようにチェーンがついていました。
また春風どれみをイメージしたピンクのパンプスと瀬川おんぷをイメージした紫のパンプス、作中に出てくるアイテムをイメージしたアクセサリー等も発売されています。
どれも「おジャ魔女どれみ」を観ていた世代の心を掴む懐かしさであふれるデザインになっています。
イメージ作品も可愛いものばかりです。

 

 

 

 

おジャ魔女どれみの人気キャラ「瀬川おんぷ」

f:id:huwa0529:20151003144440j:plain

出典http://matome.naver.jp/odai/2142861184450057801

おジャ魔女どれみシリーズの中で特に人気があるキャラクターは「瀬川おんぷ」でしょう。
当時の女の子たちは「おジャ魔女どれみごっこ」をするなら瀬川おんぷ役をやりたがりました。
アニメの中でも「チャイドル」という現実でいう子役タレント・アイドルという立場にいて、作中でも人気設定のあるキャラクターです。
瀬川おんぷはアイドルなので小さな女の子たちに憧れられたのでしょう。
またアイドルという理由からか明らかに可愛らしく描かれています。
どっからどうみても整った顔立ちをしているのも人気になった理由でしょう。
また瀬川おんぷは芸能界の仕事をしている分わがままでしたが、どれみたちと過ごすにつれて優しさも出てきました。
そういう成長も注目されていたのかもしれません。
また今でいう「ツンデレ」な雰囲気が漂っていたところは、女の子だけにとどまらず大人や男性からも支持されたのではないかと思います。
私は瀬川おんぷは2番目に好きなキャラクターでした。
やっぱりアイドルで可愛いから好きでしたね。
一番は「飛鳥ももこ」でした。
帰国子女の設定に子どもながらに憧れたのだと思います。

 

今後も懐かしいアニメ復刻グッズの発売が楽しみですね♪